さつまいもダイエットと子供肥満にオーリスタットは?

オーリスタットは脂肪吸収を抑制してくれるダイエット薬ですが、子供への安全性は確認されていないので安易に使わない方が良いでしょう。
子供の肥満をオーリスタットで解消できたとしても、一生薬に頼らないと体型を維持できない体になってしまっては、子供のためになりません。
オーリスタットはネット通販で比較的安く買えるようになってはいますが、ならばその薬で痩せるのではなく、美味しくて質の高いものを少し食べた方が心も体も満たされます。
ダイエットに手間をかけたくないという気持ちはわかりますが、安易に薬を使えば良い、これだけで痩せられるという行動を子供の頃から当たり前の習慣にしてしまうと、大人になってから困る可能性が高いです。
すぐにお腹が減ってしまう子供に対しては、さつまいもがオススメです。さつまいもは低カロリーで腹持ちが良い食材で、食物繊維が豊富なので腸内環境を整える効果も期待できます。
さつまいもダイエットのやり方は、1食をさつまいもにかえる方法ですが、お菓子を食べ過ぎて肥満気味の子供にやらせるならば、その間食をさつまいもに切り替えてみると良いでしょう。
さつまいもを食べる時には、皮ごと食べた方が良いです。皮の近くにはヤラピンという腸の蠕動運動を促して便を柔らかくしてくれる働きがあります。さつまいもだけにしか含まれていないと言われる珍しい栄養素です。
炭水化物は太るというイメージがありますが、炭水化物のなかでもさつまいもは6割以上が水分で低カロリーで、150gあたりで約190kcalしかありません。ご飯1膳(150g)が約250kcalなので、比較するとカロリーの低さがわかります。
もちろん食べ過ぎは厳禁ですが、スナック菓子の代わりに食べるのならば効果的でしょう。

ページの先頭へ戻る